ホーム > 利用課題の実施 > 来所前手続き

課題採択後に実験の実施日が決まりましたら「実験申込み」と「入構手続き」等を行っていただきます。

実験申込み

課題採択後の実験申込みはオンラインによる手続き、又は申込書(書面)による手続きで行うことができます。

オンラインによる手続き

WEB上で実験申込みを行うためには、利用者登録を行う必要があります。利用者登録を行うとJRR-3における実験申込み、照射申込み及び実験室申込みに関してオンライン ※ で可能となります。
※押印した利用者登録依頼書を提出していただくことで、以後の申込み手続きで記名押印を省略することができます。

利用登録された方には審査後、利用者 ID番号及びパスワードを発行します。今後はこの利用者ID番号及びパスワードで、利用者を対象とした実験申込みを行うことになります。

なお、本登録に対する有効期間は、研究炉利用課が登録を抹消するまでとします。ただし、1年間全く利用がない年度がある場合は登録者に連絡後、抹消する場合があります。

また、オンラインによる実験申込においては、施設供用約款に基づき実施するものとします。上記内容に同意された場合には下記のボタンをクリックし、利用者登録と実験申込みを行って下さい。

利用者登録フォーム実験申込

    【 ID及びパスワード発行までの流れ 】

  1. step 1
    「利用者登録」をして 印刷 をクリックすると、『利用者登録依頼書』に登録情報が出力されますので、登録内容を確認し、捺印して下さい。
  2. step 2

    送付先:

    〒319-1195 茨城県那珂郡東海村大字白方2−4
    国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 原子力科学研究所
    研究炉加速器管理部 研究炉利用課 利用促進チーム

    確認・捺印後、『利用者登録依頼書(1)』を研究炉利用課へ郵送して下さい。(2)は利用者控えとなりますので、破損や紛失の無いように大切に保管して下さい。


    郵送された『利用者登録依頼書(1)』を研究炉利用課にて確認後、ID・パスワードをe-mail[件名:利用者登録完了通知(利用者控え)Excel]でお知らせ致します。

  3. step 3
    利用者登録完了
  4. step 4

    利用者ID・パスワードでログインすることにより、研究炉利用課HPよりインターネット上で利用申込を行うことができます。


申込書(書面)による手続き

施設供用実験申込書」を記入の上、以下の送付先へお送り下さい。

送付先:

〒 319-1195 茨城県那珂郡東海村大字白方2−4
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 研究連携成果展開部 連携協力課

承諾書

提出いただきました「施設供用申込書」に基づき、原子力機構にて審査の後、「施設供用承諾書」を送付いたします。利用者が承諾書を受領し、契約手続きが完了いたします。

入構手続き

実験の日程が確定しましたら、「来所予定連絡票」及び「入構証」発行のための上半身を撮影した写真を送り下さい。また、ガラスバッジの申請が必要な方は「指定登録依頼書」、「被ばく歴証明書」又は「放射線管理手帳」及び「特殊健康診断書」もお送り下さい。

宿泊予約

JRR-3ユーザーズオフィスに提出された「来所予定連絡票」に宿泊希望とされた方には、以下の手続きを行います。

・東海分室の宿泊予約を行います。
・東海分室が満室の場合、又は、土曜日及び日曜日に宿泊する場合は、真砂国際寮の予約を行います。
・上記 2施設とも満室の場合は、施設供用利用者自身で近隣の宿泊施設の予約をお願い致します。

東海分室、真砂国際寮の予約状況については、施設供用利用者にその都度ご連絡致します。
宿泊施設については、「宿泊施設情報」をご覧下さい。

交通案内

来所する際、東海駅から原子力科学研究所までは公共交通(バス、タクシー)をご利用下さい。茨城交通が運行するバスの情報は下記のとおりです。
■茨城交通路線バス
 (運行日):毎日 (注)時間・曜日によって運休あり
 (最寄バス停):東海駅東口⇔原研前(正門付近)
 (料金):220円/片道
 ※発車時刻及び乗降場所は「東海村内路線バス時刻表」をご覧下さい。
■タクシー
 (乗降場所):東海駅東口及び西口
 (距離):約3q/片道(東海駅⇔原科研正門前)

来所時の手続き

  1. 正門警備詰所で入構の手続きを行い、入構証を受け取って下さい。入構手続きが終了したら来所時の手続き行いますので、連携協力課(研究炉実験管理棟101号室)へお越し下さい。

退所時の手続き

連携協力課(研究炉実験管理棟101号室)で退所時の手続きが終了したら正門警備詰所で退構手続きを行い、入構証を返却して下さい。

利用者控室・無線LAN

実験期間中に事務的作業、データ整理、打合せ、休憩、身の回り品の保管等のために利用者控室と無線 LANを使用したネットワーク接続(ゲストネット)をご利用できます。 詳細については、下記のとおりです。

利用者控室について

JRR-3ユーザーズオフィスの建家内に、利用者控室を用意しておりますので実験期間中に利用することが可能です。

【利用設備】 ・OA机(電気スタンド及びコンセント2個付き)
・ロッカー(ダイヤル錠付き)
・ミーティングスペース

無線 LAN(ゲストネット)について

利用者控室に無線LANアクセスポイントを設置しておりますので事前に申し込んでいただければ無線LANを使用したネットワーク接続(ゲストネット)を利用することが可能です。

【無線規格】

IEEE802.11a(5GHz)、IEEE802.11g(2.4GHz)

【セキュリティ規格】

WPA-PSK(AES, TKIP)

またはWPA2-PSK(AES, TKIP)

【使用可能なOS】

Windows XP、Windows Vista、Windows 7

Mac OS X 10.3.9、Mac OS X 10.4、Mac OS X 10.5、Mac OS X 10.6

【通信可能なプロトコル】 http, https, ftp, pop3, smtp, imap, dns, ssh, ntp,Ipsec-VPN(500,4500/udp)

利用手続きについて

  1. JRR-3利用者控室・無線LAN(ゲストネット)利用申請書」を 原則実験開始日の1週間前まで に電子メールでお送り下さい。(記入例
    ※申請書にはMACアドレスを記入する必要があります。(調べ方については、「MACアドレスの調べ方」をご覧下さい。)
  2. 来所時手続きの際に「利用者控室開錠カード」とゲストネット利用者には「ネットワークキー等」をお渡しします。

放射線業務従者手続き

放射線業務従事者とは

放射線業務従事者とは、原子炉施設の運転、利用、保守又は放射性物質等の使用、保管、廃棄、運搬、放射線発生装置の取り扱い及び、それらに係る放射線管理業務等に従事する者をいいます。
管理区域内に立ち入り、実験及び作業をする為には、放射線業務従事者として登録する必要があります。

放射線業務従事者手続きの流れ

  1. ◆事前準備

    ●特殊健康診断(電離放射線健康診断)の受診

    1. 被ばく歴の有無の調査
    2. 白血球数及び白血球百分率の検査
    3. 赤血球、血色素又はヘマトクリット値の検査
    4. 白内障に関する眼の検査
    5. 皮膚の検査
    (放射線業務に従事する前、6ヶ月以内に受診すること。)

    ●放射線業務従事者のための教育訓練の受講

  2. ◆放射線業務従事者指定登録手続き

    指定登録依頼書』の提出

    添付書類:
    ・被ばく前歴等を記載済の放射線管理手帳(放射線管理手帳による被ばく管理が行われていない場合は『被ばく等歴証明書』を提出) 
    ・公的証明書等(※)の原本
    ※公的証明書・・・写真付き公的身分証明書又は二種類以上の公的書類

    注1:指定登録できない者
    ・満18歳以下の者(保険婦助産婦看護婦法により免許を受けた准看護婦を除く)
    ・機構事業所内で既に登録済の者。(但し、複数事業所にて重複作業が必要な場合を除く)
    注2:指定登録保留となる者
    ・被ばく歴・特殊健康診断・教育歴の確認ができない者
  3. ◆放射線業務従事者登録

    ・個人線量計の貸与
    個人線量計の使用上の注意

  4.  
    実験
  5. ◆放射線業務従事者指定解除手続き

    ●指定解除の基準
    ・契約期間の満了により、事業所内の放射線作業を終了した場合
    ・事業者の理由により、事業所内の放射線作業を3ヶ月以上中止する場合
    ・指定時の契約先会社を変更する場合
    ・指定時の作業担当部又は部門を異動する場合
    ●『指定解除登録依頼書』の提出
    個人線量計の返却手続きも行います。個人線量計以外の線量計を着用している場合も、返却手続きを行って下さい。
    注:個人別及び会社別『個人線量通知票』は指定解除登録依頼書に記入された会社等に送付されます。

役務提供、技術指導及び消耗機材等申込み

利用者は施設の利用に当たり、以下の役務提供及び技術指導並びに消耗機材の提供を原子力機構から有償で受けることができます。

【役務提供】 必要な装置等の操作、運転等に関する役務提供
【技術指導】 必要な装置等の操作、運転方法、試料等の作成方法、データ等の解析方法に関する技術指導
【消耗機材】

実験に必要な消耗機材に係る手配の依頼

希望する場合は、装置担当者とご相談の上、「役務提供、技術指導及び消耗機材等申込書」に必要事項を記入し、電子メールでお送りください。

荷物の受取り

ユーザーズオフィスで実験に使用する機材等の受取りを行いますので、利用する場合はユーザーズオフィス担当者へ申し出て下さい。


ページの先頭へ