ホーム > 利用するには > 施設を利用するには?

施設を利用するには

利用方法

原子力機構では、保有する先端的大型研究施設・設備を公共財として位置づけ、外部の多くの方々にご利用いただくため、 17の供用施設を対象に『施設供用制度』を設けています。この制度では、外部利用者自らの研究開発や産業利用など、目的に合わせて有償でご利用いただくことができ、施設利用に係わる研究課題を年2回募集しています。(一般産業利用や一部施設については随時受け付けています)
ご利用にあたっては、要望に応じて成果非公開の選択もでき、商業機密の保持に対する十分な情報管理を行います。また、原子力機構の研究員の支援を直接受けることもできます。さまざまな分野で実績を持ち、新たな展開が期待できます。

   ※JRR-3では、成果非公開の「産業利用促進課題」の設定はありません。

 

利用条件


ページの先頭へ