ホーム > 利用課題の実施 > 来所・実験

原子力科学研究所 (原科研)に到着し実験を始めるまで

来所時手続き

原科研正門

  • (1) 正門受付で身分証明書等を提示し、「施設供用」で来所し、行先は「 研究連携成果展開部 産学連携戦略室 」である旨お話し下さい。
  • (2) 施設供用UserID Card及び車両ステッカーを受け取って下さい。
     この施設供用UserID Cardを胸に (車両ステッカーはフロントガラス正面内側)付けていると実験期間中の構内出入りは自由となります。
  • (3) 研究炉実験管理棟 103号室(1階入口付近)「JRR-3ユーザーズオフィス」にお越し下さい。

ユーザーズオフィスでの手続き

施設利用窓口担当者が、所内手続全般・所内案内の説明及び安全保安教育(管理区域の注意事項など)を行います。安全保安教育受講の後、「保安教育訓練受講者アンケート」に署名して頂きます。

保安教育訓練

安全教育訓練講習の実施
60分程度、講義、DVD、教育資料の配布

・講習は、初回来所時に随時行いますので、事前の予約などの必要はありません。
・OSLバッジを年度にまたがって継続使用している方は、年度が改まった最初の施設供用利用時に講習を受講していただきます。

貸し出し物品

OSLバッジの貸与

放射線従事者登録の手続きが終了した方には、OSLバッジを貸与します。 なお、年令確認のため、身分証明書の写しを提出して頂きます。

自転車

構内用自転車の借用を希望される方には、鍵をお渡しします。
実験期間中は各自管理し終了時に返却して下さい。

施設入域手続き

JRR-3ビームホール

ビームホールに立ち入る際に解錠カードが必要となります。

通常は、装置担当技術者と一緒にビームホールに入りますので、実験者が解錠カードを所持する必要はありません。 但し、長期で実験をしたい、又は時間外にビームホールに入りたい等のご要望がある場合にのみ解錠カードの貸与を致しますので、JRR-3ユーザーズオフィスにて申請をお願い致します。

宿泊施設チェックイン

真砂国際寮

・チェックインは16:00から21:30までです。
・朝食 7:00〜9:00
・夕食 17:30〜19:45(朝食の提供は、平日のみとなります。)
・お支払いは、原則コンビニ払い(手数料宿泊者負担)となります。
(請求書は、後日郵送させていただきます。)

管理区域での注意事項

(1) 個人線量計 (OSLバッジ、ドジメータ等)を必ず着用して下さい。
(2) 必要以外の物品は持ち込まないで下さい。
(3) 管理区域内では専用の靴、衣服を着用して下さい。
(4) 管理区域内では飲食・喫煙禁止です。
(5) 管理区域に入域する際必ず携帯電話の電源はお切り下さい(個人線量計が正常に機能しない恐れがあるため)


ページの先頭へ