ホーム >実験装置の状況 >TNRF 熱中性子ラジオグラフィ装置

TNRF 熱中性子ラジオグラフィ装置

お知らせ

   

 

震災に伴う対応

・復旧状況について 2012年3月16日(金)

 @回転台の監視操作盤における表示及び動作不良について、制御ユニット内の電源回路の故障が

  原因であることが分かった。電源回路を交換し、問題無く動作することを確認した。復旧済。

 

・復旧状況について 2011年12月22日(木)

@第2撮影室ビームシャッタの駆動用チェーンを支えるスプロケット軸受の軸が曲がったため、
 チェーンが抜けかけていた。当該スプロケット軸受を新品と交換し、組み上げた後、シャッタ
 の開閉動作が問題無く行えることを確認した。第2撮影室ビームシャッタは復旧した。

A緩んでいた高速シャッタの巻き上げ用チェーンを調整し、その後シャッタの開閉動作が
 スムーズに行えることを確認した。高速シャッタは復旧した。

111222

・被害状況について 2011年6月17日(金)

@第2撮影室ビームシャッタの開閉動作不良。ビームシャッタ駆動用チェーンスプロケット部の
 不具合によるものと推察される。

A高速シャッタの巻上げ時の動作がスムーズではない。巻き上げ用のチェーンが弛んだことに
 よる影響と推察される。

B回転台の監視操作盤における表示及び動作不良。

C上記不具合等につきましては、関連業者に復旧を手配中です。

110617

利用成果

  ・平成22年度利用成果の掲載  2011年4月20日 (水)

装置責任者連絡先

  酒井  TEL:029-284-3911
  飯倉  TEL:029-284-3885    

 


ページの先頭へ