ホーム >実験装置の状況 >SUIREN 偏極中性子反射率計

SUIREN 偏極中性子反射率計

お知らせ

・外部磁場制御装置の更新について 2011年8月2日(火)

  1.  1.電磁石の極性反転が、ケーブルをつなぎ替えなくても、できるようになりました。
  2.   制御計算機からの切り替えも可能ですので、AUTOに組み込むこともできます。
  3.  2.この電磁石で発生することのできる外部磁束密度は±1 Tの範囲です。
  4.  3.10 K冷凍機と電磁石を組み合わせることで、約10 Kから室温の間での反射率測定も可能に
  5.   なりました。ただし、試料の大きさなどに制限があります。
  6.  4.詳細は装置担当者にお問い合わせください。
  7. 110617

 

・制御計算機OSの移行について 2011年8月1日(月)

  1.  1.現在、制御計算機用OSのRed Hat Enterprise Linux 4からScientific Linux 6への移行作業を
  2.   進めています。8月中には終了する予定です。

 

震災に伴う対応

・被害状況について 2011年8月1日(月)

  8/1現在、装置に対する震災による大きな被害は見つかっておりません。

 

 

利用成果

  ・平成22年度利用成果の掲載  2011年4月20日 (水)

 

装置の詳細情報

  SUIREN -偏極中性子反射率計

 

 

装置責任者連絡先

  武田  TEL:029-284-3523
  山崎  TEL:029-282-5342

 


ページの先頭へ